ジェットスター・ジャパンは時刻表通りの運航で良かった!

意外にも事故率は低い

格安航空会社は安全性が不安視されるようなことも言われていましたが、調べてみると実は格安航空会社の方が事故率が低いというデータがあったりもしたのです。
それなら、何を根拠にこれまでの大手の方が安全といっているのかが分からない感じです。
これは単に企業努力が足りていないだけではないのかという感じがしました。
過剰なまでに部品のチェックをしているとも言われていますが、過剰にする意味はありません。
というか、部品にチェックに過剰とかはなく、やるべきことはやらなければならないし、やらないでいいことはやらないでいいという当たり前のことです。
部品を意味なくなんどもチェックしても意味はありません。
しかも、これまでのサービスが過剰なものであったことは歴然としているでしょう。
機内食などまさに過剰なサービスの最たるもので、国内線でそのような無用のサービスがなされて、値段を吊り上げる口実としていたのであれば、正に利用者の事を考えてもいないということが分かった気がします。
ジェットスター・ジャパンのような格安航空会社はこうした大手の隙をつくことで、業績を上げることができるようになったわけです。
いわば、大手の隙がこうした格安航空会社の進出をうんだということになるのでしょう。

時刻表通りのフライトでとても良い意外にも事故率は低い大手と大差のないサービス